スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
お役目
カテゴリ: 未分類

色々な会に所属していると、何かのお役目をいただくことが多い。
仕事の絡みもあったり、自己研鑽のためでもあったりと、引き受けさせていただく理由はまちまち。

引き受けたからにはと一所懸命にそのお役目をまっとうしようとすればするほど、別のお役目、追加のお役目がまわってくることもしばしば。

役目というのは、その全容や詳細が分からなければ引き受けようがないと思うのだが、最近色々な会において、役目についての説明が不十分であるにもかかわらず、一種の「ノリ」で半ば暴力的に引き受けさせることも多いようである。

ここに大きな問題点がある。

役目を頼む側からすれば、その役目についてある程度の知識や経験を持っているであろうから、

「大丈夫、心配ないよ。分からないことがあったらいつでも教えるから」

と、とにかく「引き受けてもらうこと」が主目的であるため、役目に対する説明義務や相手の状況などを理解しようとしないのだ。
この「大丈夫、大丈夫」という単語ほど危険なものはない。

逆に、役目を依頼された側はどうであろうか?
頼んでくる相手の力関係にもよるだろうが、敵もさるもの、とにかく引き受けてくれるまでは引き下がらない。
仕方なく引き受けたはいいものの、説明も満足に受けることができず、前任者の申し送りも不十分であれば、結果的に他の人から「あいつは全然だめだ」とのレッテルを貼られる危険性もあるだろう。

何故今回このことを書いたかというと、そういった組織の後輩や年上でも組織図としては私より下位にいる方からの相談がここのところ噴出しているからである。

私も同じような経験をずっとしてきているので、その人たちの苦しみが痛いほどわかるのだ。
数年前、余りにも理不尽なことばかりが続いていたので、思い切って先輩方に相談にいったことがあるが、先輩達は口々に「俺も同じ苦しみをしてきたんだから、そのぐらい我慢せい」とおっしゃる。
私はその時こう思った。
子孫に美田を残す必要はないと思うが、引き継いでくれる側に対して「負の遺産」を残すべきでは絶対にない。

ある先輩はまたこのようにおっしゃった。
「そういった苦しみは全ては君の為なんだよ。」と

利害関係無しに「あなたの為」と言ってくれるのは、親以外いないと思うのだ。

人の為と書いて「偽り」とはよく言ったものである。



このブログを読んでくれた方で、もし誰かにお役目を頼む立場にあれば、是非お願いしたいことがある。
役目をお願いした以上は、お願いだけして「はい終わり」「あとは頑張って」とだけはしないでほしい。
少なくともその人が立派にお役目を果たすまでは、きちんとフォローし、一番の理解者になってやるべきなのだ。

「あなたが役目を与えてくれたおかげで、成長することができました」と言ってもらえるその日まで。


偽り

スポンサーサイト
編集 / 2011.06.22 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
メシが食える大人へ
カテゴリ: 未分類


昨日のカンブリア宮殿、大変面白かった。
【あなたは「メシが食える大人」ですか?】という目を引くタイトルもさることながら、ゲスト経済人高濱正伸氏(花まる学習会代表)の考え方、実践行動力に深い感銘を覚えた。

『"知力"と"人間力"を10歳までに身につけろ!』
『目指すのは、社会を勝ち抜く大人じゃない!「食える大人」を育てる!!』
高濱氏はこのように熱く語っておられた。

メシが食える大人・・・果たして飽食の時代と呼ばれる現代社会にどれだけの人があてはまるのだろう?

厚生労働省のアンケート調査では、その80%以上が仕事をしていく上で不安を感じ、70%近くが、自分の意見が合わない人と付き合いたくないと答えているそうだ。

自分の意見が合わないと嫌だ。
会社が自分にあわないから辞める。
自分に合う場所がきっとどこかにあるはず。

自分に合う場所なんて絶対に無い。
と高濱氏は番組ではきっぱりと言い放った。
私もそう思う。

ある方が、「仕事とは社会にあいている穴を埋めること。目の前に穴があればそれをただふさげばいい。そうしなければ、誰かが穴に落ちてしまうから。自分がこの穴は埋められないから、自分にあった穴を探して埋めるなんてことは考えるべきではない。目の前にある穴をふさぐために自分がどうすればいいかを考えよう。それが仕事である。」とおっしゃっていたのを覚えている。

自分に合った環境を探すのではなく、自分がその環境に適応できる人間となる。
メシが食える大人になるための極意はそこにあるのであろう。

編集 / 2011.06.03 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shiro0414

Author:shiro0414
田村志朗(たむら・しろう)

福岡県那珂川町生まれ。
岩戸北小学校、泰星中学、泰星高校を経て英国へ。
イギリスの物価の余りの高さに驚き、手っ取り早い収入を求めてクロネコヤマトイギリス支店の門を叩く。それから引越し業を丸4年。イギリスで就職を決めるも、親の仕事の手伝いのため帰福。

現在、株式会社梓書院 代表取締役
http://www.azusashoin.com

仕事以外の主な活動:

福岡東ロータリークラブ 会員

福岡県中小企業家同友会 福友支部所属
http://www.fukuoka.doyu.jp/

福商ビジネス倶楽部(福岡商工会議所主催の45歳以下のビジネスパーソンの集まり)
http://www.fukunet.or.jp/businessclub/

70会(ななまるかい)
【1970年代生まれの福岡ビジネスパーソンの集まり】
http://70kai.com/

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。