スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
海賊戦隊って・・・
カテゴリ: 未分類

○○戦隊○○レンジャー

私が生まれた頃に秘密戦隊ゴレンジャーが誕生したそうだ。

私は再放送しか見たことはないのだが、ゴレンジャーの放送を毎回楽しみにしていた。

タイムリーに戦隊ものを見ることができたのは、確かサンバルカン辺りであったかと記憶している。

そんなヒーロー戦隊ものは子供達の憧れであり、ほとんどの同級生が見ていたといっても過言ではなかったはず。
見逃しでもすれば、クラスでおいてけぼりをくっていた。
それほどまでに子供達に夢を与えていたヒーロー戦隊。

しかし・・・。

来年2月から放映される新番組のヒーローもので発表された戦隊の名前が

海賊戦隊ゴーカイジャー
http://www.tv-asahi.co.jp/go-kai/

という名称らしい。


え?

か、海賊ですか??

賊ですよ?

賊の意味を辞書で調べますと、

1 他人に危害を加えたり、他人の財物を奪ったりする者。
2 国家・社会の秩序を乱す者。

とありますが。。。


ま、まさか、今回のヒーローは敵方のスパイであるという新しいジャンルを築こうとでもしているのか??
んなわけはあるまい。


まあ、しかし、わからないでもない。
もう戦隊もののネタがつきてきたんだろうことは理解できなくもない。

だからといって、ワンピースやパイレーツオブカリビアンに便乗したネーミングは安直ではなかろうか?

ちなみに過去の戦隊ものの名前を調べてみると、

秘密戦隊ゴレンジャー
ジャッカー電撃隊
バトルフィーバーJ
電子戦隊デンジマン
太陽戦隊サンバルカン
大戦隊ゴーグルファイブ
科学戦隊ダイナマン
超電子バイオマン
電撃戦隊チェンジマン
超新星フラッシュマン
光戦隊マスクマン
超獣戦隊ライブマン
高速戦隊ターボレンジャー
地球戦隊ファイブマン
鳥人戦隊ジェットマン
恐竜戦隊ジュウレンジャー
五星戦隊ダイレンジャー
忍者戦隊カクレンジャー
超力戦隊オーレンジャー
激走戦隊カーレンジャー
電磁戦隊メガレンジャー
星獣戦隊ギンガマン
救急戦隊ゴーゴーファイブ
未来戦隊タイムレンジャー
百獣戦隊ガオレンジャー
忍風戦隊ハリケンジャー
爆竜戦隊アバレンジャー
特捜戦隊デカレンジャー
魔法戦隊マジレンジャー
轟轟戦隊ボウケンジャー
獣拳戦隊ゲキレンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー
侍戦隊シンケンジャー
天装戦隊ゴセイジャー


なるほど。もうこれだけやってるとネタはつきちゃうよね。
でも、海賊に比べたらもっとましなネーミングはあったはず。。。

最近の戦隊ものを見ながら私はこう思う。
子供達の憧れは、テレビ局のご都合によりいつしか視聴率至上主義へととってかわったのではないかと。

ママさんからの視聴率を稼ぐための「イケメン」の起用。

パパさんからの視聴率を稼ぐための「セクシー」な敵役の起用。

そして今回の「海賊戦隊」という安直なネーミング。

制作会社さん・・・スポンサーサイドのこともあるでしょうから、視聴率が大事なのは分かります。
でも、子供達に夢を与えているお仕事でもあるのですから、もう少し原点に立ち返ってみてはどうでしょうか?

目先の視聴率よりも、この番組を見てくれる子供達が大きくなったときにどんな大人になってほしいのか。

もう一度原点に還ってみませんか?

スポンサーサイト
編集 / 2010.12.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コミPo!
カテゴリ: 未分類
気がつけばもう12月・・・

そして、前回のブログ更新から1ヶ月も・・・

こりゃあ、うちの社員さんに怒られてしまう・・・
(会社のブログに対して「ちゃんと書きなさい!と怒ってますので・・)

ということで、久々に更新してみます。(汗

最近、とかく「デジタル化」の波の勢いがすごい。

iPadやiPhone用の電子ブックに関してはなんとか当社でも対応できるようになったが、その他のことについても常々学んでいかなければ置いて行かれてしまうのではという不安感でいっぱい。

そんな中、最近すごいなーって思っているのが「まったく漫画が描けなくても、気軽に漫画がつくれてしまう」というソフト。 その名は「コミPo」。
参考URL:http://www.comipo.com/

漫画がまーったく描けなくても、その人物のポーズとか、顔の表情を変えたり、手に何かを持たせたり思いのまま。背景だって簡単に配置できるし、デジカメ写真で撮影した風景を漫画のように配置したりもできてしまう。

とにかくすごい。

体験版を使用してみただけでも、そのシステムの素晴らしさがわかる。

ちなみに、体験版を用いてちょっと4コマ漫画を作ってみた。


Comic_001.jpg


あ、別に実際にこんなことをされたことがあるわけじゃないですけどね(汗

でも、とにかくこんなのがあっという間に作れてしまうとは・・・

時代は我々が想像している以上のスピードで動いているのですね。

編集 / 2010.12.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shiro0414

Author:shiro0414
田村志朗(たむら・しろう)

福岡県那珂川町生まれ。
岩戸北小学校、泰星中学、泰星高校を経て英国へ。
イギリスの物価の余りの高さに驚き、手っ取り早い収入を求めてクロネコヤマトイギリス支店の門を叩く。それから引越し業を丸4年。イギリスで就職を決めるも、親の仕事の手伝いのため帰福。

現在、株式会社梓書院 代表取締役
http://www.azusashoin.com

仕事以外の主な活動:

福岡東ロータリークラブ 会員

福岡県中小企業家同友会 福友支部所属
http://www.fukuoka.doyu.jp/

福商ビジネス倶楽部(福岡商工会議所主催の45歳以下のビジネスパーソンの集まり)
http://www.fukunet.or.jp/businessclub/

70会(ななまるかい)
【1970年代生まれの福岡ビジネスパーソンの集まり】
http://70kai.com/

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。