スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
弁護士 田畠光一 は凄い!
カテゴリ: 未分類
私の友人に弁護士 田畠光一(たばた・こういち)という方がいる。
(あ、私は友人と思ってますけど、田畠さんが私のことを友人と思ってくれてるかどうかは分かりませんけどね)

この人はほんと凄い方です。

なにが凄いかというと、決断力と友人からの依頼に対してきちんと応えてくれるという男気!

本日、同じく友人の山崎氏と、ある経済団体への入会勧誘について相談しており、田畠氏にかなり無理くりな入会をすすめましたところ、「あ、いいですよ」と即決!

正直びっくりしました。

そりゃあ、私と山崎さんがオススメしてる会で、とっても素晴らしい会ではあるんですが、田畠さんに入ってもらったら楽しくなるからという「ノリ」だったんですけど、即決されたのです。
しかも明日11時に入会手続き! 10:50分ぐらいに法廷で判決がでるので、その後だったら時間いいですよーと。(笑)

そんな田畠氏はきたる4月1日に法律事務所を開業されます。

その名は 『経営法律事務所 北斗』

これからの田畠氏のご活躍が大変楽しみです!
法律でお困りごとがあれば、田畠氏に是非是非相談してくださいねっ!
スポンサーサイト
編集 / 2010.03.29 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
姫島研修
カテゴリ: 未分類
姫島002

姫島001

先週土曜日から日曜日にかけて、福岡県中小企業家同友会 学びたいルブロック主催によるワンシート経営指針作成勉強会に参加した。
勉強会の会場は姫島という島である。

姫島は、糸島市志摩にある岐志港から船で約15分、周囲が3キロ程度の島で、人口はおよそ200名ぐらいである。
この会場で開催された理由というのは、簡単に逃げられないように(笑) ということではなく、8年前にここでワンシート経営指針を作成した方々が今は福岡経済界で大活躍をなさっておられ、ある方の呼びかけで再びこの会が開かれたのである。

宿泊場所は民宿 吉田屋。
いわゆるザ・民宿というイメージにぴったりの風情ある民宿であった。
民宿に到着すると、休憩もそこそにワンシート経営指針発表会がはじまる。

当然のことであるが、業種が違えば、それだけの種類の経営指針が生まれる。
十人十色とはよくいったもので、それぞれのカラーがあるのだ。
しかし、1つだけ共通しているものがあった。

それは、自社の経営を良くしたい!という想いである。

これは、経営指針を作成する・しないは別にして、経営者であれば誰しもが共通して持っている認識であろう。
では、どのように自社の経営を良くしていくのか?
それを経営者は常日頃考えているのではあろうが、その考えが経営者の頭の中にだけあるのであれば、社員さんにはうまく伝えることができないのである。

無形の考えをいかに有形のものにしていくか。

その答えのうちの1つが「経営指針書作成」なのである。ある方は魔法の書とも呼んでおられる。

弊社の経営指針書はまだまだ幼稚で完成度が低い。
しかし会社経営をよりよくしたいという想いはどの経営者さんにも負けない自信はある。
その想いがゆるがないものであれば、きっと会社はよくなるに違いない。

このブログを読まれ、悩んでいる経営者の方がいらっしゃれば、中小企業家同友会へ迷わずご相談下さい。
編集 / 2010.03.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
電子ブック
カテゴリ: 未分類
電子ブックネタが新聞紙面やマスコミをにぎわすようになってきた。

驚くべきことに、昨年の12月25日 たった一日だけではあるが、アメリカにおいて電子ブックの売上が一般書籍の売上をぬいたのだ。

日本の出版業界はこのニュースを知り、電子ブックに対する考え方、可能性について再認識する必要に迫られたのである。

当社でも電子ブックを本格導入するかどうか、今現在進行中である。

現在は外注先に電子ブック変換を依頼し、対応することにしているが、需要が増えるということであれば、自社で対応できるような体制にしなければならないであろう。

電子ブックの利点はいくつかある。
1つはエコであるということ。校正のやり取りやお客様への納品について、紙を使わないのであれば、それだけで資源の有効活用につながる。時間的なことについても、納品時間の短縮という点では効果的だ。

2つ目は、修正作業に強いという点である。納品後、何か修正点があれば、一般書籍であれば回収、刷りなおし、再納品などといった作業がともなう。電子ブックであれば、修正したものを再度エンドユーザー様に送信すればいいのである。

他にも電子ブックの利点をあげればきりがないであろうが、もちろん逆な点もある。

電子ブックへの対応はまだ先のことだと思ってはいたが、どうやら早急に対応していく必要があるのではなかろうか。
編集 / 2010.03.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
同級生
カテゴリ: 未分類
福岡市の能古島で遺体が発見されたというニュース。

被害者の方の名前を見て驚いた。なんと小学校時代の同級生だったのだ。

同じクラスになったこともあり、大変頭のいい方だったと記憶している。

ご遺族、ご友人の悲しみを考えると、胸が引き裂かれる思いだ。

ただただご冥福を祈るばかりである。
編集 / 2010.03.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
スロバキア
カテゴリ: 未分類
イギリスの大学時代に知り合った友人でスロバキア人がいる。

彼女は大変優秀で、経済学を専攻していた。
同時に日本語も勉強しており、イギリスの大学を卒業後、日本の大学での勉学を希望し奨学金を申請したところ、合格した。
そして九州大学で勉学をすることとなった。

私の友人の中で彼女ほど勉強熱心な方を見たことがない。
勉強熱心というが、その熱心っぷりがハンパなものではないのだ。
手書きの手紙を時折もらうのだが、大変難しい漢字をきちんと使いこなしている。
いつも感心してしまう。

そのスロバキアの友人、エヴァから手紙が来た。
なんと神戸大学で教鞭を取ることになったという。
ある学会でエヴァが発表をしていたところ、たまたま神戸大学の関係者が会場にいて、白羽の矢がつきささったそうだ。
努力する人間の元には、努力した分のギフトがちゃんとあるんだな・・とつくづく思った。

さて、スロバキアという国について私はあまり知らない。
外務省のHPにスロバキアについての詳細が載っていた。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/slovak/index.html

面積:49,035平方キロメートル(日本の約7分の1)

人口:541万人(2009年3月スロバキア統計局)

首都:ブラチスラバ

民族:スロバキア人 85.6%、ハンガリー人 9.6%(2005年末)

言語:スロバキア語

彼女は将来スロバキアに戻るであろうが、その頃にはスロバキアという国を引っ張っていく重要な人材のうちの一人として招聘されるであろう。
そうなったとき、私はどうなっているだろうか?
エヴァに対してライバル意識というものは持っていないが、せめて対等に「努力」を続けていたいものだ。
編集 / 2010.03.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ぬりかべ
カテゴリ: 未分類
ぬりかべという妖怪をご存知であろうか?
ゲゲゲの鬼太郎に出てきたキャラクターといえばおわかりかもしれない。

ぬりかべ


平成22年4月29日(木)から福岡アジア美術館にて妖の園(あやかしのその)』という妖怪展が開催される。
当社が協力企業という形で参加させていただくこととなり、主催者代表の方がご挨拶にみえた。

昔からゲゲゲの鬼太郎を読んでいた経緯から、福岡出身の妖怪っていますか?というぶしつけな質問をしてみた。
すると、ぬりかべが福岡県遠賀の出身ですよとお答えいただいたのだ。
ついでに、「妖怪」というものと「幽霊」の違いについてお尋ねしたところ、次のようにお話いただいた。

妖怪は、幽霊のように悲しい話だったり、祟りのような話ばかりではないのです。妖怪の存在の背景には、物事の道徳だったり、生きていくためにこれはやっちゃいけませんよなんかを教えてくれたりするのです。

とおっしゃられた。
なるほど、ゲゲゲの鬼太郎もそうであったが、昔の絵巻物を見ると、妖怪の姿形は幽霊のようにおどろおどろしいものとは違い、どこか愛着がわくようなものが多いように思える。
幽霊が道徳を説く事は想像できないが、妖怪が道徳を説くのはなんだか想像できる(笑)


そんな素敵な妖怪展、皆様是非足を運んでみてはいかがでしょうか?
入場は無料とのことですよ。



第2回 妖怪展『妖の園(あやかしのその)』
招かれざる怪異(モノ)たちよ、此処に集え──



平成22年4月29日(木)~5月5日(水)
福岡アジア美術館 【10:00~20:00】
入場無料

http://ayakashinosono.web.fc2.com/

主催:Garland Entertainment
協力:株式会社 梓書院
後援:福岡市/福岡市教育委員会/福岡市文化芸術振興財団
編集 / 2010.03.11 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
日本一・・・
カテゴリ: 未分類
日本一面積が小さな自治体、富山県舟橋村の人口が9日現在で2996人となり、3000人が目前にせまっているとのニュースを読んだ。

船橋村の広さは、東京ディズニーランドの約3.8倍とのこと。

周辺からは合併のお誘いがたえないらしいが、頑として自治を貫いているそうだ。

頑固に自治にこだわっているわけではなく、村長をはじめ、村民の力を結集し、自立型の村を目指しているのであろう。

このことについて、JALの再建問題を思い出した。
JALの再建問題が話題になると、ある経営者仲間は「JALはいいよなー。潰れそうになったら国が助けてくれる。でも、うちの商売は国なんか全然助けてくれないし」といつもつぶやいている。

なるほど。その気持ちもわからないでもない。
しかし、私はそこは違うと思うのだ。
国なんかに頼らなくても、自立型企業を目指し、自分でなんとかしようと奮闘するのが真の経営者ではないかと思う。

この船橋村の件も全くそうであろう。

今後の船橋村の発展が楽しみである。

編集 / 2010.03.10 / コメント: 2 / トラックバック: 1 / PageTop↑
すごいおばあちゃん
カテゴリ: 未分類
先日、ある経営者の先輩からこのようなお話をうかがった。

すごいおばあちゃんがいるそうだ。

その方は90歳近く。

しかし、とってもパワフルな方で、あちこちから講演の依頼があるそうだ。

その方の一言がすごい。

「おかげさまで、3ヶ月先までスケジュールが全部埋まっとりますもんね~。ですけん、3ヶ月は死ねんとですよ」


私はあわてて自分のスケジュールを確認してみた。

当月のスケジュールはそこそこうまっている。
しかし、来月のスケジュールは?
再来月は?
3ヶ月先は??

90歳のおばあちゃんが3ヶ月先のスケジュールまで埋まっているのに、自分はどうであろうか?

競いたいわけではない。しかし、今の自分の忙しさを、どこか誇っていたのだ。恥ずかしい。
もちろん、スケジュールを埋めることがいいということではないだろう。
このおばあちゃんもスケジュールを埋めたいわけでもなかろう、ただ、私との差は世の中に求められているかどうかなのだ。

世の中に求められるような人間へと成長していく・・・

このために日々学び続けていきたい。


編集 / 2010.03.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
経営指針書
カテゴリ: 未分類
当社の経営指針書(経営計画書)がようやく出来上がった。
なんとか目標としていた締め切りに間に合ったという感じであろうか。

ある経営者の先輩から、

「経営指針書は常に進化していくものだから、完璧なものを作ろうとしても出来ないよ。それよりもとにかくまず『形』にするということからはじめてみよう」

といわれたことで作成スタートとなったが、この先輩の言葉のおかげであまり気負わずにいることができた。感謝である。


keieikeikaku.jpg



今回作成するにあたって勉強になったことは沢山あった。

まず将来ビジョンをできるだけ具体的に持つということの重要性。
そしてその将来ビジョンを常に念頭に置き、達成するための計画をたてること。
そして計画を実行するためのスケジュールの策定など、全てにおいて学びがあった。

当社の経営指針書はいま産声をあげたばかりだ。首も座っていない。

しかし、そこに生命が通っているということは、何より産みの苦しみを味わった私や社員さんがよくわかっている。

これからこの子がどのように成長していくのか。それは親次第ということでもあろう。

経営指針書を作成されていない方は、是非作成されることをオススメしたい。
編集 / 2010.03.01 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

shiro0414

Author:shiro0414
田村志朗(たむら・しろう)

福岡県那珂川町生まれ。
岩戸北小学校、泰星中学、泰星高校を経て英国へ。
イギリスの物価の余りの高さに驚き、手っ取り早い収入を求めてクロネコヤマトイギリス支店の門を叩く。それから引越し業を丸4年。イギリスで就職を決めるも、親の仕事の手伝いのため帰福。

現在、株式会社梓書院 代表取締役
http://www.azusashoin.com

仕事以外の主な活動:

福岡東ロータリークラブ 会員

福岡県中小企業家同友会 福友支部所属
http://www.fukuoka.doyu.jp/

福商ビジネス倶楽部(福岡商工会議所主催の45歳以下のビジネスパーソンの集まり)
http://www.fukunet.or.jp/businessclub/

70会(ななまるかい)
【1970年代生まれの福岡ビジネスパーソンの集まり】
http://70kai.com/

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。